ジュニアスポーツの発展は、”子どもの単なる習い事”から、”世界舞台を目指すジュニア”や”プロ選手を目指す”という子供たちの大きな舞台への挑戦へと需要を変えてきました。各スポーツ団体も若い世代の子供たちから選手を育成しようと、タレント発掘事業などを行い、未来のスポーツ選手への可能性を広げています。

                

ジュニアやキッズのスポーツ指導で起こる問題の一つに、指導内容の理解ができないという事があります。コーチや指導者は、その競技に対して様々な技術をもっており、個人のスキルアップのプロに当たります。しかし、スキルを上げるための体の使い方、どこを、どうすれば、その技やパフォーマンスができるのか、その体の使い方を教えるプロがスポーツトレーナーの役割になります。まだ言葉の理解力が少ない子供に対し、どのように体の動かすかを分かりやすく説明し、コーチとジュニア選手の橋渡しをしながらすすめていきます。

姿勢・動作改善、柔軟性の向上、スキルアップなどの悩みに対し、先ずはなぜその動作ができないのかを探り、原因となる部分の大きな部分から一つ一つ修正をしていきます。

 

正しい動作の繰り返しで動きの癖をつけたいジュニア、怪我をせず運動を続けたいジュニア、効率のいい体の使い方を学びたいジュニアにピッタリなプログラムになります。